忍者ブログ
日本国内で開催されるマンガイベントを掲載していきます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
京都で開催されるアニメ・マンガのイベントの情報!
マンガ・アニメに関するイベント『ゆるキャン△』×叡山電鉄コラボレーション企画の開催決定!

  
 
叡山電鉄(京都)にて、TVアニメ『ゆるキャン△』とのコラボレーションイベントが開催。
内容は、下記に記載しました。

◆アニメ&マンガイベントの開催会場;
出町柳駅コンコース特設会場など

◆アニメ&マンガイベントの開催日時
2018年1月20日~4月29日(ラッピング車両の運行期間)

◆主催者
叡山電鉄

◆マンガイベントの開催趣旨;
2018年1月にスタートするTVアニメ『ゆるキャン△』と京都の鉄道・叡山電鉄のコラボイベントの開催が決定!2018年1月20日~4月29日にラッピング車両が運行するほか、スタンプラリーも実施されます。スタンプを集めると、缶バッジをプレゼント!!また、キャラクターのイラストが描かれたコラボきっぷ(2050円)も販売される予定です♪【限定1000セット】


==イベント紹介!!

■TVアニメ『ゆるキャン△』叡山電鉄コラボレーション
新ラッピング車両の運行
運行期間:2018年1月20日(土)~4月29日(日・祝)(予定)
車両番号:721号車

■1日乗車券・特別入場券セット
セット内容:1日乗車券×1種・特別入場券×5種・台紙1枚・スタンプラリーシート1枚・イベント列車応募券1枚
金額:2,050円
発売数:1,000セット限定
発売方法
[発売会]
開催日:2018年1月20日(土)
開催時間:9:00~11:00
開催場所:出町柳駅コンコース特設会場
[通常発売]
発売期間:2018年1月20日(土)~4月29日(日・祝)
発売場所:出町柳駅インフォメーション
発売時間:初発~終発
※2018年1月20日(土)のみ11:00~終発
[イベント発売]
発売期間:2018年1月20日(土)~10月31日(水)のイベント開催日
※駅以外のイベント会場等での発売。発売場所、発売部数等は未定
※発売数に限りがあるため、なくなり次第終了

■スタンプラリー
期間:2018年1月20日(土)~4月29日(日・祝)

■「えいでん・ゆるキャン△コラボフェスタ」
開催:2018年1月20日(土)11:00~16:30
場所:八瀬比叡山口駅
入場条件:同日発売の「ゆるキャン△」コラボきっぷ(台紙)の提示
==

原作のアニメファンだけでなく、鉄道ファンも楽しめるコラボ企画!さあ、叡山電鉄に乗ろう♪
PR
福岡で開催されるアニメ・マンガのイベントの情報!
マンガ・アニメに関するイベント「真島ヒロ原画展」の開催決定!

  
 
博多阪急(福岡)にて、画業20周年を記念した「真島ヒロ原画展」のイベントが開催。
内容は、下記に記載しました。

◆アニメ&マンガイベントの開催会場;
博多阪急 8階 催場
(福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1)

◆アニメ&マンガイベントの開催日時
2017年12月29日(金) ~ 2018年1月9日(火)

◆主催者
トラフィックプロモーション

◆入場料
一般800円、高校生600円、小中学生400円、未就学児無料

◆マンガイベントの開催趣旨;
真島ヒロの画業20周年を記念して、代表作「RAVE」「FAIRY TAIL」のマンガ原稿やカラー原画、スケッチ、作品の設定に関わる資料などを展示。また原画展のメインビジュアルとして、「FAIRY TAIL」のナツのイラストが描き下ろされ、公式サイトやチラシ、ポスターに使用されるほか、このイラストを使用したオリジナルグッズも企画中です!着彩まで手作業で仕上げられた肉筆原画は大迫力!


==真島ヒロ先生の代表作

■RAVE
1999年~2005年。週刊少年マガジン連載。全35巻。
島育ちの少年・ハルと謎の犬・プルー、明るくちょっと天然な少女・エリー。必然がもたらした出会いが長い長い旅の扉を開ける。聖石・レイヴを司るレイヴマスターとなったハルは、様々な人と出会い、別れ…そして世界の真実にたどり着く!!


■FAIRY TAIL
2006年~2017年。週刊少年マガジン連載。全63巻。
魔法を駆使する魔導士たちが集まり、様々な“ギルド”を組織する世界。大陸一のお騒がせギルド“妖精の尻尾(フェアリーテイル)”のナツ、ハッピー、ルーシィたちの冒険を描く物語。2009年、第33回講談社漫画賞受賞。


どれも、冒険ファンタジー漫画の王道ですよね~♪
東京・千代田区で開催されるアニメ・マンガのイベントの情報!
マンガ・アニメに関するイベント「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト〜」選出作品発表&トークショーの開催決定!

  
 
日本財団主催(東京)が主催する「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト〜」選出作品発表&トークショーのイベントが開催されました。
内容は、下記に記載しました。

◆アニメ&マンガイベントの開催会場;
株式会社メディアドゥ セミナールーム
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル5F

◆アニメ&マンガイベントの開催日時
2017年11月22日(水)

◆主催者
日本財団「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」事務局

◆入場料
無料

◆マンガイベントの開催趣旨;
学びにつながるマンガを普及していく事業「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」(日本財団)による、2017年に選書したマンガ50作を選出するイベント&トークショーです。

イベントでは選書委員長の里中満智子さん(漫画家)と今年から選書委員に加わったライブドア元社長の堀江貴文さん(現SNS media & consulting ファウンダー)とのトークショーも開催されました。


==2017年度選書より、主な選出作品!

「鋼の錬金術師」(荒川弘)、「漂流教室」(楳図かずお)、「ブッダ」(手塚治虫)、「鬼灯の冷徹」(江口夏実)、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(秋本治)、「ゴールデンカムイ」(野田サトル)、「タッチ」(あだち充)、「弱虫ペダル」(渡辺航)など50作品。
==

里中満智子先生と、ホリエモンのトークショーでは、このマンガを読んで人生観が変わった!がテーマに。めちゃくちゃ気になりますねー。
宮城で開催されるアニメ・マンガのイベントの情報!
マンガ・アニメに関するイベント「ガールズコミックヒストリー展」の開催決定!

  
 
石ノ森章太郎ふるさと記念館(宮城県)にて、「ガールズコミックヒストリー展 ~少女マンガは女性の時代を映す鏡である~」のイベントが開催。
内容は、下記に記載しました。

◆アニメ&マンガイベントの開催会場;
石ノ森章太郎ふるさと記念館
宮城県登米市中田町石森字町132

◆アニメ&マンガイベントの開催日時
2017年10月28日(土)~2018年1月28日(日)

◆主催者
石ノ森章太郎ふるさと記念館

◆入場料
大人700円/中高生500円/小学生200円/未就学児無料

◆マンガイベントの開催趣旨;
「少女マンガは女性の時代を映す鏡である」という視点から、日本の少女マンガ・女性マンガ界を牽引してきた9人の作家作品、約100点(原画、複製原画)を年代順に紹介する特別企画。絵のタッチやセリフ、ストーリー、社会的背景をもとに時代とともに移り変わる少女・女性の実像を、マンガで紐解いていく展覧会です。

 

==展示予定の原画は・・

手塚治虫「リボンの騎士」、石ノ森章太郎「龍神沼」ほか、水野英子「星のたてごと」ほか、
里中満智子「アリエスの乙女たち」、竹宮惠子「風と木の詩」、大和和紀「あさきゆめみし」、
桜沢エリカ「メイキン・ハッピィ」、西原理恵子「毎日かあさん」、東村アキコ「東京タラレバ娘」ほか


少女漫画の創世記から現代までの歴史が見られる展覧会、新旧人気作家の作品で体感できるのはうれしいですね♪
千葉で開催されるアニメ・マンガのイベントの情報!
マンガ・アニメに関するイベント「東京コミックコンベンション2017」の開催決定!

  
 
幕張メッセ(千葉市)にて、世界的ポップカルチャーイベント「東京コミックコンベンション2017」のイベントが開催。
内容は、下記に記載しました。

◆アニメ&マンガイベントの開催会場;
幕張メッセ ホール9-11
千葉市美浜区中瀬2-1

◆アニメ&マンガイベントの開催日時
2017年12月1日(金)12:00~19:00
2日(土)10:00~19:00
3日(日)10:00~18:00

◆主催者
株式会社東京コミックコンベンション
東京コミックコンベンション実行委員会

◆入場料
前売/一般3,200円(税込) 中高生2,200円(税込)
当日/一般3,500円(税込) 中高生2,500円(税込)
※小学生以下:無料(保護者同伴)

◆マンガイベントの開催趣旨;
世界最大級のテクノロジーとポップ・カルチャーのイベントが今年も東京で開催されます。

東京コミコンでなければ実現しえない大物ハリウッド俳優のサイン会・撮影会や、映画の中で実際に使用されたコスチュームやアイテムなどの展示の他、様々なステージアクトや最新技術を駆使したゲーム体験やレアアイテム、アート展示、多くのコスプレイヤーがレベルの高いコスプレを披露する「コスプレファッションショー」および「コスプレコンテスト」など予定。最高のエンターテインメントの世界を全身で楽しむことができます。


==東京コミコン2017、主要ゲスト

スタン・リー (Stan Lee)

1922年12月ニューヨーク生まれの94歳。マーベル・コミックにおいて『スパイダーマン』、『X-MEN』などのスーパーヒーローコミックの原作を手がけ、業界に革命を起こした。現在もマーベル・メディアの名誉会長を務め、マーベル・コミックの実写映画版の製作総指揮などを務めている。代表作:『アメイジング・スパイダーマン』『ファンタスティック・フォー』『X-MEN』『アイアンマン』『キャプテン・アメリカ』『ハルク』『マイティ・ソー』『デアデビル』『ドクター・ストレンジ』『アベンジャーズ』


スティーブ・ウォズニアック (Stephen Gary Wozniak)

1950年8月カリフォルニア生まれの66歳。東京コミックコンベンション2017名誉顧問。コンピュータ・エンジニア。スティーブ・ジョブズやロン・ウェインらと共に商用パーソナルコンピュータで世界初の成功を収めたApple社の共同創立者の一人。マイクロコンピュータである「AppleⅠ」および「AppleⅡ」をほぼ独力で開発し、「テクノロジーの王」として称されている。革新的で重要な技術の開発に多大な貢献をした発明家に対し、米国大統領から授与される「アメリカ国家技術賞」を受賞している。


マッツ・ミケルセン (Mads Mikkelsen)

1965年11月22日生まれの51歳。短編映画数作に出演した後、1996年に『プッシャー』で劇場映画デビュー。2004年の『キング・アーサー』でハリウッドに進出し、2006年に公開された『007 カジノ・ロワイヤル』で悪役のル・シッフルを演じて知名度を高めた。その後、2012年に出演した『偽りなき者』では、第65回カンヌ国際映画祭の男優賞を受賞し、2013年からの海外ドラマシリーズ『ハンニバル』で演じたハンニバル・レクター役で、その人気を不動のものとしました。その後も、『ドクター・ストレンジ』(2016)ではヴィラン・カエシリウスを演じ、ダイナミックなアクションシーンも披露し、その他にも、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)に出演するなど、活躍を続けている。


カール・アーバン (Karl Urban)

1972年6月7日、ニュージーランド・ウェリントン出身。
幼少期から映画業界に興味を持ちつつも8歳のときに出演したTVシリーズ『Pioneer Woman』ではセリフひとつの役であった。ヴィクトリア大学へ入学するも1年で退学し、その後ニュージーランドの舞台やテレビで活躍したのち、映画デビューを果たす。以降、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの2作目「二つの塔」(2002)、3作目「王の帰還」(2003)でエオメル役に抜擢され人気に。J・J・エイブラムス監督の人気シリーズ『スター・トレック』ではトリオの一人、医療の士官レナード・マッコイ役で大役を務め、同監督のTVドラマ作品『オールモスト・ヒューマン』では主演を努めるなど活躍の幅を広げている。
プロフィール
HN:
漫太郎ver2.0
性別:
非公開
P R

忍者ブログ[PR]